02.当て字・伏せ字

検索ロボットや検索エンジンでは、
基本的に収集された情報は意味ではなく文字列として認識されます。

つまり、
『山田』という単語で検索した場合と、
『やまだ』という単語で検索した場合は違った結果が得られる事になります。


ところでこれを意識してか、
『ラ/ン/キ/ン/グ』の様な表記をするのを見掛けますが、
検索ロボットには意図的に記号を無視する物もある為、実は決して完全ではありません。
例えばGoogleでは、『メールアドレス』で検索した時と『メール・アドレス』で検索した時に同じ結果が出てきます(少なくとも私の操作環境では。)


もし伏せるのであれば、
分かる人には意味の分かる様な別の言葉・表現・当て字等に置き換えた方がまだしも実用的かも知れません。


もっとも、伏せ字・当て字は検索ロボットを避ける事が出来る訳ではありません。
むしろ、
検索ロボットに見付かり情報を収集されてしまった際に、
どうにか少しでも検索結果として表示されにくくする工夫…というか裏工作の一環に過ぎません。



ただし、
やらないよりはやった方がましかとは思います。


≫ 03. METAタグを使う:1
[戻る]

お小遣|仕事|闘う!?
- mono space -